「こんなにたくさんのお願いする方法」があるんです!

「こんなにたくさんのお願いする方法」が英語にもあります。まずは、メイドさんとの会話でもご紹介した、Can you please….?

Can you please cook our lunch?

私たちのお昼ご飯をつくってもらえますか?

Can you please go for a shopping?

お買い物にいってきてもらえますか?

Can you please pick him up?

お迎えをお願いしてもいいですか?

Can you please wash his shoes?

彼の靴を洗ってもらってもらえますか?

他にもさらに丁寧に言いたい時ですが、
Could you please…
Would you please…
Can you kindly…
などもあります。お願いごとをするときは、是非使ってみてください。

他にもこんなのもあります。

ちょっとお願いしてもいい?

Can you do me a favor?

=Can I ask you a favor?

回りくどい言い方をする必要がある場合は、

Would you mind if I ask you to go to Hatchin again?
(=悪いんだけど)もう一度ハッチンにいってもらってもよいですか?

間違っても、メイドさんやドライバーさんに、Go shopping. Take me to the supermarket. Clean the room. など、命令文を使わないように気をつけなくてはなりません。命令文は、親が子供に、「ほら、はやく片付けなさい。」のように、叱るときにしか使いません。どんなに、笑顔で言っていたとしても、フィリピン人のメイドさんはある程度英語が分かる、もしくは、かなり上手な人が多いです。色んなボスの下でお仕事してきた中でも、命令されるとやる気が…という方が居てもおかしくないですよね。悪気がないうちに、関係が悪化しないように、気持ち良く会話をできれば、一番いいですもんね。メイドさんとの会話は大事ですね、マニラでは!

今日も最後まで読んでくださいまして、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。少しでもこのブログの情報がお役に立っていましたら、下のアイコンをクリックしていただけますと、大変励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

また、現在オンライン子供向けのレッスンを受講中の生徒さんとお母様が、レッスンに対するコメントをくださいました。参考に、こちら是非ご覧ください。大人の生徒様から前にいただいた感想もこちら(その1その2その3)です。

このブログが、少しでも何かお役に立っていましたら、是非上と下のアイコンに応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

英語講師:みゆき

私はイギリスに幼少期、アメリカには小学5年生から4年間住んでいた帰国子女です。大学では、英語教授法を学びました。外資系で13年勤務し通訳学校に通いながら、社長や役員の英語通訳を任されました。その後、主人の海外転勤に家族で帯同して5年間フィリピンのマニラで過ごしました。息子2人の育児に追われながらも、大好きな英語で少しでも生徒さんの英語力UPに貢献したく、毎日学びを続けています。

資格:英語教員免許、TOEIC970、SIMULビジネス通訳修了

コメントを残す