運転手さんに行き先を伝える方法

おはようございます。土曜日の爽やかな朝をお迎えでしょうか。土曜は、虫除けをべったり塗って、早朝7時に息子のサッカー会場に向かいます。渋滞が酷いマニラでは、グーグルマップでは車で10分程度の距離と表示されるのに30分かかったり、クリスマス時期だと30分で着くところに2時間かかったりと、予定を組むのに慣れるまで1〜2年かかったような気がします。そんな渋滞するマニラでも、土曜日と日曜日(特に早朝)は比較的空いているため、グーグルマップ通りの時間で到着できるのが、嬉しいです。

運転手さんに伝える英会話

以前ドライバーさんとの英会話の応用編はご紹介済みですが、今回はさらに基礎に戻ってご紹介させてください。過去の記事→⭐️マニラ駐妻がメイドさんの次に多く英語を話す相手は、ドライバーさん?⭐️

まっすぐ進んでください。

Please go straight.

右に曲がってください。

Please turn right.

Uターンをしてください。

Please make a u-turn.

高速道路を使ってください。

Please take the highway.

ゲートの中に入ってください。

Please go inside the gate.

(日本人会の建物の地下駐車場に入る際などにも使えます。)

そこに着いたあと、5分ほど待ってもらえますか?

When we arrive there, can you please wait for 5 minutes?

エントランスで降ろしてもらえますか?

Can you drop me off at the entrance?

一通ですか?

Is it one way?

運転中のドライバーさんにいかにして伝えるか

短い文でわかりやすくシンプルにどう伝えるか。そして、伝えるタイミングは今?目的地に近づいてから?など、考えますよね。のんびりしていると、We just passed by… あ、通り過ぎちゃった…。なんてことも。降りたいところを大幅に過ぎてしまい、Can you stop here?なんて大慌てで伝えることもあったり。

英会話レッスンでは

英会話レッスンでは、こういった行き先の伝え方の質問をいただくことが多いです。この前、あそこに行きたかったのにうまく伝わらなかった、降りたいところで降りれなかった、いつもこの場所でうまく伝えられないことがあって…、など実生活で伝えたかった表現を、一緒に英語にしていきます。そして、次そう言ったら無事降りれたよ!とフィードバックをもらうことも多く、生活の中で役立つ英会話の大切さを教えてもらいます。「3日間完結駐妻英会話講座」でも、ドライバーさんへのお願いの仕方は取り上げる予定です。

最後まで読んでくださってどうもありがとうございます

今日も最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。最近、このブログを熟読してくださる方にお会いする機会が多く、私が昔に投稿して既に忘れかけている内容を、私に説明してくれたり、ブログに載っていたあのセリフそのまま活用したよ等と教えてくれたり、フィードバックをもらい勉強になりますし、やる気がモリモリ出て参りました。

ランキングに参加しています。少しでもこのブログの情報がお役に立っていましたら、下のアイコンをクリックしていただけますと、大変励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

このブログが、少しでも何かお役に立っていましたら、是非上と下のアイコンに応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

また、現在オンライン子供向けのレッスンを受講中の生徒さんとお母様が、レッスンに対するコメントをくださいました。参考に、こちら是非ご覧ください。大人の生徒様から前にいただいた感想もこちら(その1その2その3)です。

英語講師:みゆき

私はイギリスに幼少期、アメリカには小学5年生から4年間住んでいた帰国子女です。大学では、英語教授法を学びました。外資系で13年勤務し通訳学校に通いながら、社長や役員の英語通訳を任されました。その後、主人の海外転勤に家族で帯同して5年間フィリピンのマニラで過ごしました。息子2人の育児に追われながらも、大好きな英語で少しでも生徒さんの英語力UPに貢献したく、毎日学びを続けています。

資格:英語教員免許、TOEIC970、SIMULビジネス通訳修了

コメントを残す